FC2ブログ
内臓脂肪 撃退法
キャッシング業界
自分の好きなアーティスト紹介や音楽にまつわる様々な情報を更新していきます。
 iTunes Store(Japan)

グラストンベリーフェスティヴァル2010 MGMT


コングラチュレイションズコングラチュレイションズ
(2010/04/07)
MGMT

商品詳細を見る

MGMT


グラストンベリー・フェスのセカンド・ステージに登場し、セットリストに“タイム・トゥ・プリテンド”や“キッズ”などのヒット曲も加えたパフォーマンスを披露した。

特に“キッズ”の演奏では、ステージにバンドの友人らが大勢飛び入りしては、バンドと一緒に歌って踊るという一幕を見せた。

アンドリュー・ヴァンウィンガーデンとベン・ゴールドワッサーに率いられたバンドはここのところのライヴでは“キッズ”などをあえてセットリストから外し、セカンド『コングラチュレイションズ』からのより複雑な楽曲のパフォーマンスに徹することが多かった。この日も、『コングラチュレイションズ』からの楽曲も多く披露されたものの、セットの終わり近くで“キッズ”のキーボード・リフを聴いた時のオーディエンスの歓喜はやはり大きかった。

セットは『コングラチュレイションズ』の“イッツ・ワーキング”で始まったが、その前にまずアンドリューがグラストンベリー・フェス40周年を祝うという一幕もあった。

「これはすごいことだよね。このフェスが40年も続いたなんてさ」とアンドリュー。「ぼくたちとしては素晴らしいフェスだと思うし、すごくいい雰囲気と姿勢を持ったフェスだと思ってるよ」。

また、その後、アンドリューはバンドが初めてグラストンベリー・フェスで演奏した時のことを回想して語ったりもした。「2008年の時はぼくたちにとってもまだ2回目のフェス出演で、もうすごい体験になったよね」。

“ブライアン・イーノ”や“ザ・ユース”などといった曲に続いて、アンドリューは「ぼくたちが人気の高いバンドだった頃の曲です」と紹介して、ファンに人気の“タイム・トゥ・プリテンド”の演奏に入った。

その後に続いた“キッズ”ではこの曲のバッキング・トラックに合わせてアンドリューとベンとでボーカルを取っていると、元ダーティ・プリティ・シングスのアンソニー・ロッソマンドなどといったバンドの友人たちが一斉にステージに登場しては曲に合わせて踊り始め、アンドリューとベンはフォト・ピットへと飛び降りて最前列の観客の目の前で歌い続けた。

「みんなことは大好きだし、全員ステージに招待してうまいことやりたいんだけどね」とアンドリューがオーディエンスに向けて伝えてから、バンドは“コングラチュレイションズ”の演奏でセットを締め括った。

セットリストは以下の通り:
'It's Working'
'Electric Feel'
'Flash Delirium'
'Destrokk'
'Song For Dan Treacy'
'Weekend Wars'
'Brian Eno'
'The Youth'
'Time To Pretend'
'The Handshake'
'Kids'
'Congratulations'

情報元:ロッキング・オン (c) NME.COM / IPC Media 2010

[ 2010/06/28 21:00 ] Festival 海外フェス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ロッキンラーさん

Author:ロッキンラーさん
FC2ブログへようこそ!

おすすめ
Voiceモニター、アンケート会員募集!アフィリエイトはリンクシェア
アンケートモニターでおこづかいゲット!
スポンサードリンク
Honya Club.com
カテゴリ
U2 (3)
Ash (4)
Jet (1)
CHECK IT OUT
モンスターハンターポータブル 3rd バナー(160×600) セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ) Inspiration of Japan 楽天トラベル株式会社 ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
topics
価格.com ブロードバンド ブックオフオンライン
オートリンク
無料SEO対策・アクセスアップリンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら保険の事がもっと知りたい
ページランクアップに最適
PSP、DS、んでTAKEO